和23年  西諸県郡畜産農業協同組合(畜協)設立 子牛の販売は総合農協(小林町農協)で取り扱われ家畜を販売する郡単位の専門農協として設立された。
昭和24年  馬頭観世音菩薩建立
昭和25年  西諸県郡畜産販売農業協同組合連合会(郡畜連)設立。郡内各町村(小林、高原、野尻、須木、飯野、加久藤、真幸)と畜協1の計9団体で設立された。当時取扱頭数 子牛2,144頭、子馬1,000頭
昭和26年  
小林町が小林市となり西諸県郡市畜産販売農業協同組合連合会と改名
昭和28年  畜協解散 子牛セリ市開催

       昭和28年まで----小林、高原、野尻、加久藤で春夏2回開催
       昭和29年〜37年-春、夏、秋3回(昭和34年 3,700頭上場)
       昭和38年〜41年-春、夏、秋、冬4回(昭和38年4,930頭上場)
昭和33年  子豚セリ市場開設 年間1,800頭上場
昭和40年  成畜市場開設
昭和41年  子牛セリ市を国の市場再編整備事業により小林、高原、野尻の3市場を小林市堤の競馬場に統合し、加久藤市場と2市場で開設
昭和44年  豚セリ市場完成
昭和48年  子牛セリ市場を小林市堤競馬場1ヶ所に統合開設
昭和48年  最後の子馬セリ市
昭和50年  子牛セリ市場年6回開設(1.3.5.7.9.11)
昭和54年  自動電子セリ機導入
昭和59年  昭和58年度家畜市場再編整備事業により小林市堤より、現在地に移転開設
昭和62年  コンピュータシステム導入
平成 元年  子牛セリ市場年7回開設(1.3.5.6.7.9.11)
平成 2年  一福、富栄顕彰碑建立
平成 3年  子牛セリ市場年9回開設(1.3.4.5.6.7.9.10.12)
平成 4年  子牛セリ市場年10回開設(1.2.3.4.5.6.7.9.10.12)
平成 6年  自動電子セリ機の更新、空調設備設置
平成 9年  繋ぎ場 誘導レール設置
平成11年  西諸県郡市畜産販売農業協同組合連合会設立50周年並びに移転15周年記念式典
平成13年  駐車場舗装
平成15年  水井戸ボーリング
平成17年  子牛セリ市場年11回開設(1.2.3.4.5.6.7.9.10.11.12)
平成18年  小林市と須木村が合併し新しい「小林市」となりる。西諸県郡は2市2町
平成19年  自動電子セリ機更新 平成17年から3年連続の販売高100億円突破
平成20年  追込み牛舎・セリ場内誘導レール設置 本人ボタン設置
平成22年  小林市と野尻町が合併し、新しい「小林市」となる。西諸県郡は2市1町
西諸県郡市畜産販売農業協同組合連合会設立60周年並びに移転20周年記念式典